Archives for

11月7日楽団日誌

市吹が終わり、続々と新しい曲登場です。
それぞれの曲で、学べるポイントが沢山あるようなので、
次の演奏会までにしっかりと仕上げて行ければと思います。
特に長い曲が多いので、技術的だけでなく、もうちょい体力もつけていかないと思う所存です。
P.S.市吹の録音を聞きましたが、リベンジ完了!(特に出だしが)
Sax/T

10月31日楽団日誌

10月最後の練習でした!市吹に向けて最終練習です♪

練習場所が、文化ホールの練習場1だったので、普段よりも広い場所でした!
広い狭いにかかわらず、練習場所が変わるといつもと違ってきて、いつも通り…というのは難しいですね。
でも、広いところで吹くのは楽しいです!

今日は、新譜も配布されました。
予想通りクラリネットのメロディの部分があって、何だかとても嬉しくて(笑)、
思いっきり吹いていたら、先生に「丁寧に、丁寧に」と言われてしまいました(汗)
反省です。。。丁寧さ、忘れちゃダメですね!今後、気を付けます。

以上、調子に乗ると、丁寧さを忘れるクラリネットのKでした

第104回神戸市吹奏楽祭

今年度最後の演奏会です

第104回神戸市吹奏楽祭
日時:平成30年11月3日(土・祝)18:37 ~ 18:45
場所:国際会館 こくさいホール
入場無料

今年は神戸文化ホールが休館の為
場所が変更になりました。
そして出演順番も一番最後です!!

国際会館で演奏なんて素敵♪♪
楽しんで頂けるようがんばります。

10月17日楽団日誌

今回の練習では前半は市吹の本番に向けてバン民(笑)をしました。
音の強弱をつけると迫力のあるより良い演奏になると思いました。音の大小だけでなく、音の形でも強弱を表現出来るといいですね。本番までの練習、残り2回しかありませんが頑張りましょう(*^^*)

後半は第2回初見大会と先週配られた新譜をしました。個人的に調号を落としていたところが多々あり反省しています( ´・ω・`)
まだこれから練習曲が増えるとのことで楽しみ半分不安半分です(^^;

フルートSでした♪

10月10日楽団日誌

10月8日(祝)第8回演奏会が終わってしまいましたね。
演奏会が終わって最初の練習でした。

 本番後は出席率悪いかな?と思いの他比較的多く参加されてました。
次の本番は、神戸市吹奏楽祭11月3日(祝)神戸文化ホール
演奏曲は演奏会でやった 「・・・・民話」
演奏会とは客層が違うせいか先生の指導もより細かくなった感じがします。

 あと2曲ポップス系の曲が配られ初見大会
1曲は、リズムが難しくハイトーン連発のラッパパートにはかなりきつい曲ですが、私の持ち込みなので、
誰にも文句言えません。みなさんごめんなさい。

もう1曲はジブリアニメの曲なので楽譜慣れすると楽しいでしょう。

 市吹まで後3回しか練習日がないけれど頑張りましょう。

ばラッパでした。

第8回定期演奏会

今回は「うはらホール」で演奏会を開催いたしました。
収容人数600人と前回の倍です!!!

開演時間になるにつれ座席がお客様でいっぱいになり、想定外の2階席を開場するという事態に!!!
団員一同 感謝・感激で本番まで無事何も起こらないことを祈りつつ最後まで演奏できました。
ご来場の皆様 本当にありがとうございました。
次回の開催は未定ですが早々にお会い出来そうな雰囲気です。
ありがとうございました。

団長 掛川 真奈美

10月3日楽団日誌

3日(水)は最後の練習日で、充実した中味の濃い練習でした。
そして8日(祝)はいよいよ第8回演奏会です。
必ず成功させましょう

本番まで体調を整え、すべての楽譜には目を通し、チェック&確認し、悔いのないよう準備しましょう。

クラリネットの場合、リードの準備が大変で、普段からイベントとか演奏会に合わせて、準備はしているのですが。

私の場合、保存している良いリードが、その日の調子によって良く鳴ってくれない場合あります。これが困りもので、何本も用意しなければなりません。

本番当日はリラックスして「楽しもう吹奏楽」を実践したいと思います。

それでは、皆さん楽しい演奏会になるよう、頑張りましょう

byT

第8回定期演奏会 開催

今回は初めての場所で演奏会を致します。
収容人数も前回の倍です。
たくさんのお客様でホールいっぱいになりますように。
団員一同、ご来場をお待ちしてます。

日   2018年10月8日(月・祝)
時間  13時開場
    13時30分開演

場所 うはらホール(東灘区民センター6階)

入場無料

9月26日楽団日誌

ラスト2回!!
さてさて、演奏会本番まで今日の練習を入れて残すところラスト2回!!になりましたー。私としてはホントのところは全部難しい箇所も演奏できるよう努力はしたが、どうしても苦手なところは(連符など)それらしい表現を出せるように工夫してみようと思います。
ホントのところはこの日も練習場所は青少年会館よりも文化練習場所で練習したかったー。青少年会館だとたとえ演奏時間を早めても結局2、3曲位しかできなくてホワイトボードに書いてある曲を全部練習するのはなかなか厳しいところです。
次回は泣いても笑っても練習ラスト1回です!!次回も練習楽しんでやろう!!
今週末は大型台風が来るので皆さん気おつけてお過ごしくださいませ〜 fin.
by/d

9月19日楽団日誌

今日は、10/8の演奏会の曲の全曲通しと岡田先生が気になった曲の細かな練習を行いました。

通し練習して感じることはあと本番まで2回の合奏練習しかないにもかかわらず、楽譜にかじりついて指揮を見る余裕のないメンバーがいます。
指揮を見ていれば縦の線などずれるはずはないのに、楽譜にかじりついているので周りの音を聞いて音を出すから周りが指揮とずれてしまうと自分もずれてしまう。
しかも指揮とずれているのに気付かない。
という悪循環に陥ってしまいます。楽譜をすべて暗譜して演奏してくださいとは言いません。楽譜を見ている延長線上に指揮が見えて、時々指揮を意識するだけでも演奏が変わります。
テンポが変わるところとか全員が休符のあとに出るところ(シンフォニアノビリッシマの最後)など縦が合うようにしましょう。

以上、小言でした。

by バスクラ吹き

UA-42782194-1