Archives for 12月2017

12月27日楽団日誌

本年最後の練習
年上の人が抜けていき、はからずも楽団最高齢となった本年だが、幸い気力も体力も衰えることはなく、殆ど練習を休むこともなく、一年間、吹き続けられてきたことを喜びたい。
目標は相変わらずだが、楽器の音域3オクターブのどの音も同じ強さで、同じ輝きを持った音色で吹けること、永遠の課題だ。
本年も楽団へ来る人、去る人、多くの出会いと別れがあり、触れ合いの中に各々の人生を感じてきた。願わくば、ここでの音楽との出会いが、其々の長い人生に彩りを添えてくれることを祈りたい。
明年も平和な年であることを祈りつつ・
N.S.

12月20日楽団日誌

12月も終わりに近づいて新年に向けて慌ただしくなってきていると思います。
そんな中で演奏会に向けて少しずつ新しい曲が増えているのですが譜読みが不十分だったり上手く指が回せなかったりもっと練習が必要だと改めて感じました。
今日の練習では新譜を全員初見で吹いたのですが指と頭がついていかず全く吹けませんでした。
これから新しい楽譜が増えていくので初見でもある程度吹けるようになれたらと思いました。
演奏会に向けて曲の完成度、一人一人の演奏に対する意識を上げて最高の演奏会にできるようにしましょう!

FL/O

12月13日楽団日誌

今年もあと少しとなりました。
毎回練習時に新譜が配布なのでドキドキと緊張ですね。
初見大会は自分の練習成果が特にわかるので自分を見直す良いきっかけになってありがたいです。
来年は本番演奏の回数が増えるので楽しみです!!

岡田先生の指導になってやっと地面が固まってきた感があるなと、最近全体のハーモニーを聴いて思います。
コンクールには出演しませんが、これからもっとレベルがあがってきたら出演したくなるかも。
それにはもっともっと練習をしないと。。。。

新曲が増えてきて色々覚える事もありますが、
吹奏楽はやっぱ楽しいです。

ばい/だんちょ

12月6日楽団日誌

12月6日の練習は「威風堂々」を前半、「SINFONIA NOBILISSIMA」を後半に練習しました。「威風堂々」では、拍頭を揃えることや、16分の連符のリズムをきちんと捉えることなどをご指導いただきました。さらに16分を捉えるには、まず8分のリズムを感じること、というご指摘に「なるほど!」と思いました。確かに、曲冒頭部分の16分の連符が続くところで焦ってしまい、早め早めに吹いてしまっていることに気が付きました。冷静に、かつ正確にリズムをとるというのは難しいなーと改めて思いました。また、メトロノームに合わせての個人練習ではできていても、合奏になると他の楽器のメロディーなどにつられてカウントが取れなくなる癖も直していきたいとも思いました。

入団させていただいて、4か月目に入りました。テナーサックスを購入してまだ半年ほどなので、楽器自体にも慣れていませんし、合奏経験も初めてなのでまだまだついていくのがやっとです。当初は、一体どこを皆さんが吹いているのかほとんど分からない状態でした。そんな私を受け入れてくださった楽団の皆様に感謝しながら、少しでもお邪魔にならないように練習を積み重ねていきたいです

SAX/M

11月29日楽団日誌

先日風邪を引いしまって休みが続き、今回は久しぶりの練習でした。
練習曲は「PIRATES OF THE CARIBBEAN」と「SINFONIA NOBILISSIMA」です。
個人で、譜読みやその曲を聴いても、どこが何処なのか、迷子になって曲がわからなかったのですが、合奏練習をすると、なんとなく曲が見えてくるのが、不思議で楽しく、嬉しい気持ちになります。
先生のご指導や、楽団の雰囲気の賜物でしょうか。感謝です。
いつの間にやら、もう師走。
寒さが増して、寒さと同時に鍋欲も増します。
皆様 多忙な時期かと思いますが、体調に気を付けてご自愛下さいませ。

FL/A

☆2017年活動履歴☆

10月8日(日) 明青祭2017

11月3日(木祝)第102回神戸市吹奏楽祭

UA-42782194-1