Archives for 9月2018

9月19日楽団日誌

今日は、10/8の演奏会の曲の全曲通しと岡田先生が気になった曲の細かな練習を行いました。

通し練習して感じることはあと本番まで2回の合奏練習しかないにもかかわらず、楽譜にかじりついて指揮を見る余裕のないメンバーがいます。
指揮を見ていれば縦の線などずれるはずはないのに、楽譜にかじりついているので周りの音を聞いて音を出すから周りが指揮とずれてしまうと自分もずれてしまう。
しかも指揮とずれているのに気付かない。
という悪循環に陥ってしまいます。楽譜をすべて暗譜して演奏してくださいとは言いません。楽譜を見ている延長線上に指揮が見えて、時々指揮を意識するだけでも演奏が変わります。
テンポが変わるところとか全員が休符のあとに出るところ(シンフォニアノビリッシマの最後)など縦が合うようにしましょう。

以上、小言でした。

by バスクラ吹き

9月12日楽団日誌

定期演奏会まであと4回の練習でした。
企画、準備から1年半、当日どのような演奏ができるか不安もありますが、
お客様も団員も楽しい時間が過ごしていただけるよう、過ごせるよう頑張りたいです。
ぜひ10月8日は「うはらホール」へお越しくださいね!
by/T

9月5日楽団日誌

昨日は、台風21号が猛スピードで、兵庫県を蹂躙していきましたが、大変でしたね。
今日は、何とか交通機関も動き出して、合奏が出来ました。
停電などで来れない仲間もいましたが、定期演奏会も近いので、真剣な練習で時間が過ぎていきました。
第1部の曲は、ずいぶん手強く、1つ1つの音を出すのに緊張が走ります。
コンクールの課題曲、エルガーの有名な曲、佐渡裕さんも指揮をする名曲が2曲と続きました。
8日の土曜日に、本番前最後の1日練習があるので、
そこが、完成度を上げるチャンスだよねと、みんなの気持ちが高まって来ています。
私たちは出来る!と信じて、岡田先生の指揮に従って、がんばりましょう。
by/Hr.F

UA-42782194-1