楽団日誌

9月5日楽団日誌

昨日は、台風21号が猛スピードで、兵庫県を蹂躙していきましたが、大変でしたね。
今日は、何とか交通機関も動き出して、合奏が出来ました。
停電などで来れない仲間もいましたが、定期演奏会も近いので、真剣な練習で時間が過ぎていきました。
第1部の曲は、ずいぶん手強く、1つ1つの音を出すのに緊張が走ります。
コンクールの課題曲、エルガーの有名な曲、佐渡裕さんも指揮をする名曲が2曲と続きました。
8日の土曜日に、本番前最後の1日練習があるので、
そこが、完成度を上げるチャンスだよねと、みんなの気持ちが高まって来ています。
私たちは出来る!と信じて、岡田先生の指揮に従って、がんばりましょう。
by/Hr.F

8月29日楽団日誌

台風一過 暑さがぶり返し、
汗だくでポップス系の曲を演奏した26日の「まちかど演奏会」(商店街での演奏)、
足を止めて聴いて下さった方々には声援を頂きありがとうございました。
またこの本番は練習場との環境の違いを改めて思う良い機会にもなり、次はもっと良くと反省にもなりました。
29日はシンフォニック系の曲の練習に戻りました。
久しぶりでも曲を忘れるわけではありませんが、
あれこの曲こんなに速かったのかといった個人練習では覆えない感覚のずれはやはりあります。
また、全曲 見直しです。
次の本番定演まではあと1月余り、自分なりに全曲に対してどう目配りしていくか、
どうコンディションを整えていくか、悔いのない演奏を目指して、正念場です。
by/S

8月22日楽団日誌

今週26日は久しぶりの演奏会です。
高出席率で練習場が狭く感じました!!
台風の影響も無さそうですが、是非日頃の練習の成果を見に来て下さい。
ミレニアムウインズ神戸の音楽で楽しんで頂ければと思います。
これが終われば第8回定期演奏会です。
練習頑張りまーす。
BY/Y

8月26日(日)13時から
「まちかど演奏会」
新長田 大正筋商店街 
アスタくにづか 4番館
コミュニティハウス前

8月8日楽団日誌

立秋を迎えたというのに暑さが和らぐ気配はありません‥。

来週(8/15)の合奏練習がお休みなので、演奏会までの練習回数は残り7回となってしまいました。

12月に入団して8ヶ月、○十年のブランクがあるにもかかわらず最初から合奏にも参加させてもらっていますが、
学生時代と決定的に違うのは個人練習の時間の少なさですね。
でも皆さんそれぞれに工夫してひねり出していらっしゃるのでしょうから、私も頑張ります。
今より少しでも上達してステージに上がりたいと思っています。緊張しますが、とても楽しみです!
BY/S

8月1日楽団日誌

本番まであと8回の練習となりました。
本日の練習ではTubaの方がいらっしゃたのでフィンガー5の学園天国の穴のあいていた部分が埋まり、今までよりも曲の雰囲気を掴みやすいように感じました。
いつも最初がドラムだけでそれを聞いていると”Sing Sing Sing”が始まりだそうだなと思っていました(笑)
やはりたくさんの楽器が増えていくのはいいなと感じました。

最近あまりやっていない曲が何曲かある気がするのですが今度それをやったときに久しぶり感のない演奏ができるようにしたいです。
練習では何回もやり直しがきくけど、本番は一度音を出してしまえばそれで終りです。
後悔のない演奏ができるよう残り少ない練習を全力で頑張っていきましょう!
BY/O

7月25日楽団日誌

猛暑が続きますが…
今日の合奏を除くと、演奏会まであと9回の全体練習となりました。
本日は4曲を練習。各パートのおいしい部分は、もう少し精度を高められたらなと思いました。
改めて、この1年でメンバーが増えたなと感じます。その分、サウンドの幅を効かせていくことが大事ですね。本番まで、全員一丸となって演奏していきたいです!
by/F

7月18日楽団日誌

夏本番を迎えました。今年は特に暑い日が続きます。
定期演奏会の本番まで、残りの合同練習の回数がちょうど10回になりました。
いよいよ迫ってきた感じです。
練習も熱くやって行きましょう。

今日は見学の方が1名いらっしゃいました。
待望の最低音パートです。是非入団していただければと思います。

合奏練習の方は5曲の予定が時間の関係で4曲になりました。
いずれの曲も指回しが比較的易しい部類に入りますが、まだまだ楽譜にかじり付いての演奏になってしまいます。
先生からは「周りの音をよく聴いて」と指導されるのですが、そうすると今度はアーティキュレーションを見落としたりと、中々うまく行きません。
でも、これを乗り越えればステップアップすると信じて頑張りましょう。
by/N

7月11日楽団日誌

この度の災害に対し、心よりお見舞い申し上げます。
1日も早いご再建を、お祈り致します。
今回の練習は、演奏会の曲を4曲練習しました。
曲の練習の前に、音の幅について考えさせられました。
半音の幅・1音の幅。
あまり考えた事がなかったので、新鮮な感じで取り組めました。
曲の練習は、楽しんで吹くことができ、思いっきり失敗もしました。
日々の練習の大切さを痛感。
演奏会まで、残り3カ月。季節が変わるぐらいの時間。
私の失敗もなんとかなるかな・一夜漬けは、得意だったはず!
と、自分を鼓舞して、日々練習しようと思いました。
by/A

7月4日楽団日誌

雨が降ったり止んだり、台風の影響かいつになく風も強かったり、梅雨明け前のうっとうしい季節
ですが、楽団で気持ちを一つにして音を楽しむと、気持ちもすっきりします。

今日は見学の方が二人いらして、お二人とも入団されるとのこと。練習場もだんだん狭く感じる
ようになってきました。

曲に入る前の音作りの練習では、先生が身振り手振り、言葉での表現も的確、多彩で、
「うんうんなるほど」と、すごくわかり易くて感心します。なかなか思うようにはいきませんが、
音と真摯に向き合って音を作っていく心がけ大切ですよね。

今日は3曲を練習しました。
●一部のクラシック曲に比べると曲自体はやさしいですが、皆さんおなじみのメロディーなので、
メリハリをつけて楽しんで聞いていただける曲に仕上げるのが難しいところです。
前2曲にはテヌートがついている部分があるのですが、それぞれの曲での扱い方、吹き方について
指示がありました。今日の練習では個人的にテヌートが印象に残りましたねえ。
●2曲目は音に余韻を残さずあっという間に通り過ぎて終わってしまいます。曲ごとの切り替えもむつかしいところです。
●最後に楽器紹介の曲を通して終わりました。

残り練習回数は12回だそうです。あと12回しかないのです。時間大切にして頑張りましょう。

Fl.H

6月27日楽団日誌

定期演奏会まであと3カ月、先週土曜には1日合同練習も終え、今日でカウントダウンもあと13回、団員のアクセルも加速されています。このような時期にあっても(あってこそ!)、毎週練習時の基礎練習は音作りに貴重な時間です。息をしっかり入れて、立ち上がりから一定の音をだして、自分の音、廻りの音、全体の音を聴いて、自分の立ち位置を定めて、修正していく、など先生の指示をしっかり実現したいものです。単に「良い音」だけでなく「艶のある音」や「丸い音」を、との指示も。このようにイメージして吹くと音も変わるものですね。艶のある音を出したい!!

最近は、演奏会の曲を通して練習することもあったのですが、今日は少ない曲をじっくり練習。特に楽器紹介の曲を重点的に。他のパートの演奏だけを聴く機会はなかなかないので、興味深い練習でした。自分のパートの時は緊張しますね。反省点、修正点もいっぱい。

演奏会の基本コンセプトは「楽しもう吹奏楽!」。お客様に「楽しんで聞いて頂く」ためには、まず自分が「楽しんで演奏」できねばと思っています。全16曲の中には(私には)難曲もいくつか(いくつも?)あり、まだ「苦しんで演奏」している状態ですが、早く「楽しんで演奏」できるレベルまで上げたいものです。
AS.MM

UA-42782194-1